そもそもクレジットカードってどんなもの?身につけておくべき知識

クレジットカードクレジットカード

クレジットカードの配信サイトです。クレジットカードを知らなくても、このHPを読んで詳しくなることが可能です。

クレジットカード決済とは

クレジットカード

商品を購入する時に、現金ではなく、クレジットカードを使うことをクレジットカード決済といい、最近は一般的な行為になっています。
クレジットカード決済の利点は、財布の中に現金がない時や、数日後に給与が入るけれども、今高額の買い物をしたい時に使えることです。
思いがけず買いたいものが見つかった場合だけでなく、高い買い物だけれど今すぐ欲しいという場合でも、クレジットカード決済を利用すれば、欲しいものが買えます。
思いがけず夕食に誘われた時や、前から欲しいと思っていたものに偶然巡り会った時などは、クレジットカード決済ができればすぐに対応できます。
友達や、同僚にせっかく誘われているのに、お金が足りないから行けないというのは、話しづらい時もあります。
時には、全額一度に支払うには、家庭の財政的にリスクか大きい買い物があります。
クレジットカードの分割払いを利用すれば、支払いの負担を軽減てきます。
クレジットカード決済のメリットは、自分にとって都合のいい返済回数を指定することができることです。
自分の収入に合わせて、適切な返済回数を決めることができますが、何回も分けて支払っていると、なかかな大変です。
クレジットカード決済ができる状態にしておくことで、ネットショッピングの支払いを円滑にすることができます。
代引きや、銀行振り込みでの支払いは手数料が発生するため、クレジットカード決済はお得な買い物ができるのです。
クレジットカードでの決済のみにしか対応していないネットの通販会社というのも、珍しくはありません。
クレジットカードを使った決済は、現金払いが介在しないので、簡単な操作で、手軽にショッピングが楽しめます。
クレジットカードで決済をする仕組みを利用すれは、忙しい人でも、自分にとって都合のいい時間帯で通販を利用することができますので、普段の生活の中で活用しているという人は大勢います。
使う必要がない人が無理矢理使うことはないですが、いざという時にクレジットカード決済ができると助かります。

クレジットカード決済の落とし穴

クレジットカード

支払いに便利なクレジットカードの決済を日常敵に使う人は、少なくありません。
普段から、色々なクレジットカードを、状況に合わせて利用している人もいます。
現金をやり取りしないクレジットカード決済は、ともすると不要な使い方をしたりもします。
上手にクレジットカードとつきあっていくために、心がけたいこととは、一体何でしょう。
クレジットカードは、気軽に使えるからこそ、心がけておきたいことがいくつかあります。
クレジットカードを使った決済は、その場では問題なくできます。
ですが、支払いの段階になって、困った状況に陥ってしまうことがあります。
クレジットカードがなかったころは、手持ちの現金がなければ、買いたいものがあっても見送るしかありませんでした。
今では、手持ちのお金に関係なく、クレジットカードで買い物ができます。
クレジットカードで支払える限度額いっぱいまでの買い物をしたという方も、意外と多いようです。
もしもクレジットカードがなければ買わなかったのに、という買い物は珍しくはありません。
自分の収入に見合った買い物ができなくなり、クレジットカードを最大限に使ってしまったという人もいます。
口座残高を確認せずにクレジットカードを使い続けていると、支払い日になっても返済に回せるお金が不足してしまうという事態になってしまいます。
クレジットカード決済がそれほどよく行われていなかった頃は、収入と支出のバランスはもう少しとれていたようです。
ですが、クレジットカード決済が一般的になった現在では、カード決済をした日と、現金が引き落とされる日には時間差があり、支出の感覚が薄れがちです。
今月のクレジットカードの引き落とし金額がどのくらいなのか、正確に把握していないという人もいます。
クレジットカードを使う時は計画性を重視して、1カ月後の引き落とし金額を見ておたおたすることがないようにしてください。

クレジットカード決済での注意

お財布にお金が入っているかどうかを気にすることなく買い物ができるクレジットカードの決済は、日々の買い物を気軽なものにします。
人によっては、たまの衝動買いに留まらず、精算しきれない額をクレジットカードで使ってしまうことがあります。
数枚のクレジットカードを併用している人の場合は、精算日が月に何度も発生して、支払いが把握しきれなくなります。
返済日が近づくたびに、口座の残高をチェックしなければならないという事態に陥ると、手間のほうがかかることになります。
クレジットカードの決済そのものは手軽にできるかもしれませんが、支払いのことを考えるならば、先々のことまで考えてやりくりをすることです。
他人のクレジットカードを、なりすまして使うような犯罪もあります。
記憶にない決済が載っていないか、クレジットカード会社からの明細書は一つ一つ確認して、不自然なところがあればすぐに対応をすることです。
リボルビング払いという支払いが、クレジットカードの支払いではよく使われています。
支払い金額を安定させることができます。
分割払いと、リボ払いを、混同して理解しているような人もいます。
リボ払いと、分割払いでは、1カ月の支払いを決める方法が全く違うものなのです。
分割払いは、まず完済までの返済回数を決めます。
決まった回数の返済で、支払いが終わるようにするのです。
一方、リボ払いでは、毎月いくらまでの返済をするかをまず決定します。
リボ払いの場合、完済までの返済回数が多くなればなるほど、完済までの時間が延び、結果的に利息も増えます。
1カ月当たりの返済負担が高額になりすぎないという利点はありますが、延々と返済が続き、その間着実に利息がふえていくという場合もあります。
その場のことだけを考えるのではなく、クレジットカードで決済をした後のことまで想定した上で、カード決済をすることです。

公共料金をクレジットカードで支払う

公共料金をクレジットカードで最近支払うことができるようになっているといいます。
公共料金の支払いにクレジットカードを使う魅力とは、どこにあるのでしょう。
公共料金の支払いは口座振替やコンビニなどでの振込みにしている人も多いようです。
クレジットカードで公共料金を払うメリットは、カードのポイントを着実に貯めていけることです。
ポイントサービスのついているクレジットカードなら、公共料金を払えばポイントが入りますが、口座引き落としにはポイントはありません。
大体、クレジットカードを使って払ったお金の0.5%から1.5%が、ポイントとして蓄積されていきます。
公共料金をどのくらい支払うかというのは、世帯によって異なりますが、だいたい3〜6万円が相場かもしれません。
月々の支払いを合計すると、1年で50万円を超えるような額の支払いになるので、1.5%といってもないがしろにできません。
口座からただ毎月のように引き落としされるだけでは単純にお金を払い続けるだけです。
クレジットカードで払っておけば、払い込み額の一部がポイントになって手元に残ります。
ただし、どの公共料金がクレジットカード払いに対応しているかは自治体それぞれで差がありますので、チェックする必要があります。
クレジットカードで払える公共料金がある自治体なら、支払い方法の変更を考えてみてください。

公共料金をクレジットカードで払うメリット

公共料金をクレジットカードで支払う人が増加していますが、どんなメリットがあるのでしょうか。
クレジットカードで支払いをするいいところは、ポイントが入ることにあります。
買い物である程度のポイントをためることは大変なイメージがあります。
公共料金をクレジットカードで支払う形にしていれば、少しずつポイントが増えていくでしょう。
クレジットカードを使うメリットは、気づかないうちにポイントが蓄積されていくところです。
よりポイントが多く貯まるゴールドカードで支払えば、そのぶんポイントが多く入ります。
クレジットカードの種類によっては、利用金額によってポイントが加算されるなどのサービスもありますので、是非利用しましょう。
コンビニや銀行からも公共料金の支払いはできますが、その場合、毎月忘れずにお金を持って払いに行く必要があります。
クレジットカードでの引き落としであれば、うっかり支払うのを忘れたり、面倒になってしまうこともないでしょう。
公共料金の支払い額を確認する時も、クレジットカード会社からの明細からも把握できるため、家計管理がやりやすくなります。
公共料金に月々いくらがかかっているか、他の固定費と合わせてチェックすることも容易になるでしょう。
クレジットカードで公共料金を払う形にしておけば、ポイント蓄積に、家計管理にといいことづくめです。

公共料金をクレジットカードで支払う場合の注意点

公共料金を多くの自治体クレジットカードで支払うことができるようになっていますが、どのようなことに注意したら良いのでしょうか。
最も大事なことは、口座自動振替の時は使えていた口座割引が、クレジットカードからの公共料金の支払いには適用されなくなるということです。
ほとんどの電気会社や一部の自治体での水道料金に割引制度が適用されています。
口座自動引き落としと異なり、クレジットカード払いの公共料金には、割引はありません。
クレジットカードはその代わりにポイントが入るので、よりお得な方を選びましょう。
もしも、割引のない自治体で口座引き落としを利用していたなら、クレジットカードに切り替えた方がポイントぶんが得です。
口座振替とクレジットカード払いのどちらは得をするかは持っているクレジットカードによって異なります。
年会費がかからず、ポイント換算率が利用額の1%なら、クレジットカードが有利です。
クレジットカード払いの場合には支払金額が多ければ多いほどメリットがあります。
クレジットカードで公共料金を支払うなら、払える公共料金はできるだけ一つのクレジットカードで支払うようにしましょう。
ポイントを貯めてスムーズに使えるようにするなら、クレジットカードを集中させることです。
公共料金をクレジットカードで支払うことで、カード払いの強みを活かしましょう。

お役立ちサイト、関連サイト紹介です。



先頭へ
Copyright (C) 2018 そもそもクレジットカードってどんなもの?身につけておくべき知識 All Rights Reserved.