そもそもクレジットカードってどんなもの?身につけておくべき知識

クレジットカードクレジットカード

クレジットカードというのは、知っているようで、案外分からない事も多いものです。意外と知らなかったクレジットカードについての情報を配信しています。

クレジットカードのキャッシングサービスについて

クレジットカード

手持ちのお金がなくても、クレジットカードがあれば、買い物をすることができます。
クレジットカードは、キャッシング目的で使うことも可能であり、たくさんの人がカードを持っています。
クレジットカードをキャッシングに使うことて、利用限度額までのお金を借りることができるという仕組みです。
事前に設定されている金額より少ない金額な、繰り返し融資を受けることができます。
もしも、クレジットカードのキャッシング枠を使ってお金を借りたならば、次のカード精算日にまとめて支払うことになります。
クレジットカードのキャッシングサービスで借りたお金の返済方法は、一括とリボ払いを選択することが出来ます。
支払いの負担を分散させるにはリボ払いが便利ですが、リボ払いにすると利息をつけて返さなければいけません。
財政的な事情で、翌月に借りたお金をまとめて返すことが難しいという時は、リボ払いにせざるをえないことがあります。
毎月の返済金額を低く抑えるためには、リボ払いに設定してでも、金額を月ごとにならしたほうがいいでしょう。
リボ払いにすることで、月に1万円ずつとか、5万円とか、決まった金額以上にならないようにすることができます。
リボ払いの魅力は、毎月の返済金額を一定額以下にできることですが、気をつけたいこともあります。
クレジットカードを利用して、返済をリボ払いにした場合には、利息負担が大きく膨らみ易いリスクがありますので、計画的に利用することが必要です。

クレジットカードの支払い忘れには注意が必要

クレジットカード

最近は、様々な店舗で使うことができるクレジットカードで決済をしている人が大勢いるようです。
誰もが当たり前のように所持するようになったクレジットカードですが、利用の際には注意すべき点があります。
クレジットカードが一枚あれば、手持ちの現金がなくても、いつでも買い物を楽しむことが可能になります。
クレジットカードを持つことがステータスとなるランクの高いクレジットカードもあり、多くの人に利用されています。
どんなクレジットカードを持っているかで、その人の社会的なランクか見えたりもします。
ハイクラスのクレジットカードを持ち続けたいという気持ちが、仕事のステップアップに結びついている人もいるようです。
もしもクレジットカードを使って決済をした場合、後日、カード会社が請求してくる金額を、きちんと精算する必要があります。
もし支払いを忘れてしまうと、せっかく築いてきた信用を失ってしまうことになるので、十分注意が必要です。
銀行口座を指定しており、精算日に自動引き落としになるよう設定している人は、預金に余裕があるかチェックしておきましょう。
支払日に銀行の残高があるかどうか確認するためには、どれだけクレジットカードを利用したかを把握しておかなければなりません。
毎月の収入が確実に振り込まれる口座に、クレジットカードの支払い口座を宛てておくことで、カードの精算を確実に済ませることができるようになります。
給与口座と、クレジットカードの支払い口座を一緒にできない場合は、こまめに口座を確認して、残高が足りなくならないように確認をしておきましょう。

クレジットカードの支払い期限を把握しておくこと

クレジットカードの支払いはカード会社が代行しているものなので、返済は確実に行う必要があります。
一日でも支払い期日を過ぎると延滞になってしまいますので、支払期限は必ず守るように心がけましょう。
支払いの期日に、指定の口座にお金が入っていないと、クレジットカードから連絡が来ます。
クレジットカード会社側から連絡をもらってお金を入れていると、相手側の心象を大きく損ねることになります。
もしも、支払いに回すお金が足りないなら、先手を打って自分からクレジットカード会社に電話をし、話を通しておくようにします。
先方から連絡をもらうことと、こちらから連絡をすることとでは、結果的にやることは同じでも、イメージがかなり違います。
返済がスムーズにいかない時は、どんな行動をとるかで、以後のクレジットカードの使用条件が変わってくることがあります。
支払い期限を1日から2日ぐらいの延滞であり、悪意が無いと判断してもらえれば、そのままクレジットカードが使える場合がほとんどです。
しかし、一切連絡を入れずに、何日も支払いをしない状態を続けていると、クレジットカードが使えなくなることもあるようです。
もしも、返済時に何らかのトラブルが起きた場合には、残りの金額をまとめて返済するように言われることもあると言われています。
万が一にも、口座のお金が足りなくなるといったことが起きないように、毎月口座のお金を補充したり、カード利用額を把握しておく心がけが大事になります。
もしも、支払い期日に、指定の口座に必要なお金が入っていないと、滞納したという記録が信用情報会社に残され、以後のローン審査などに響く恐れがありますので、気をつけてください。

クレジットカードの支払いの遅延について

クレジットカードは現金を持たずに買い物ができる便利なカードです。
クレジットカードを使えば、財布の中にお金が入っていない時でも、カード利用額いっぱいまでの買い物が可能です。
クレジットカードは非常に便利なものとなっており、多くの人が一般的に持つようになっています。
近年では、クレジットカードが使えない店が珍しいというくらい、大抵の店ではクレジットカードに対応しています。
クレジットカードは買い物に非常に便利な存在ですが、月々の使用額を把握しておくことは、とても大事なことといえます。
自分がクレジットカードでどのくらいの買い物をしているか知っていないと、請求日が近づいてきてから慌てることにもなります。
クレジットカードにはボーナス払いや一回払いなどの種類がありますので、どの方法で支払いをするようにしたのかを必ず覚えておきましょう。
金額の大小はさておき、クレジットカードの支払いをしないでいると、信用に傷がつくでしょう。
期日までの返済ができないでいると、金融サービスの利用履歴に残されるため、新しいローンを組むための審査に落ちやすくなります。
仮に、信用情報会社に延滞の記録が残ってしまうと、別の金融会社の審査で、それを理由に融資が受けられなかったりします。
ちょっとした延滞でも、信用情報に残ってしまうことがありますので、引き落とし日前には口座の残高を確認しておいてください。
カードを使っていないのに、支払いの求めがあった場合は、明細を調べた上で、必要ならば金融会社に相談をする必要があります。

クレジットカードでコンビニ商品の代金支払いをする利点と注意点

最近は、コンビニでもクレジットカードを使った買い物に対応するようになってきています。
コンビニで、2万円以下の買い物をする時には、サインがなくてもカード決済ができるようになっています。
クレジットカードが一枚あれば、手持ちの現金がなくても買い物を楽しむことができますので、とても重宝します。
小銭を出す手間を考えるとカード払いにしたほうが便利で済むということもあり、支払いが終わる前に商品を手渡してくれる店もあります。
ポイントサービスが付帯しているクレジットカードもあります。
コンビニは様々なポイントサービスに加入していることが多く、その系列店ではポイントカードとの併用もできます。
クレジットカードを使うことで割引サービスが得られるところもあり、現金払にはないサービスも整っています。
クレジットカード払いに対応していないものとして、切手、印紙といった有価証券があります。
クレジットカードを使った買い物は、最近では一般的になっていますが、使う時には気をつけておきたいことがあります。
かつて、コンビニでクレジットカードを使った時に、カード番号がレジでコピーされて、不正使用をされてしまう出来事が発生しています。
支払いの時には、並んでいる商品などを眺めたりしがちですが、カードを渡された店員を見ておくことも大事です。
クレジットカードの裏面のセキュリティコードを隠すなどの自己防衛策を講じることも重要になります。


先頭へ
Copyright (C) 2018 そもそもクレジットカードってどんなもの?身につけておくべき知識 All Rights Reserved.