そもそもクレジットカードってどんなもの?身につけておくべき知識

クレジットカードクレジットカード

クレジットカードについて知りたいと考えていらっしゃる方は沢山居るのではないでしょうか。このホームページを活用してクレジットカードについて学んでみてはいかがでしょうか。

クレジット契約とは

クレジットカード

クレジット契約というのは、分割払いの一種です。
クレジット契約とは、高価な電化製品を買いたいけれど、今持っているお金が足りないという時に販売店で契約ができるというものです。
その販売店が提携をしている信販会社が、クレジット契約を結びます。
クレジット契約の申し込みがあると、信販会社側は信用能力を審査し、OKならば商品代品を代理で払います。
店舗のほうへの支払いは完了し、あとは顧客が信販会社に対して、払ってもらった分の大型家具の金額を支払う形です。
リボ払い、分割払い、一括払いなど幾つかの返済手段がありますので、支払いをしやすい方法で返済を行うことができるという仕組みです。
クレジット契約には2種類あります。
事前に審査を受け、返済条件や貸し付け上限金額を決めておいてクレジットカードをつくっておくのが包括クレジットです。
一方、商品を購入する度に信販会社から審査をしてもらい、支払いをしてもらうものを個別クレジットといいます。
クレジット契約を利用することで、今はお金がなくて欲しいものが買えないという時でも、後日の支払いを約束することで購入ができますので、買い物の幅がぐっと広がります。
ただし、利息が予想以上に高くついたり、最終的な支払い額が高くなることもあります。
どのような契約なのか、クレジット利用時はよく調べることです。

クレジット契約の種類とメリット

クレジットカード

クレジット契約には、包括クレジットと個別クレジットの2種類があります。
利用者は、どちらのクレジット種類なのかを知った上で使っているでしょうか。
包括クレジットでは、事前にクレジットカードをカード会社から発行してもらいます。
クレジットカード会社は、カードの申し込みをした顧客の信用情報を審査し、カードを発行するかを決めます。
クレジット契約ができるようになるのは、審査をパスしてカードを発行してもらいます。
クレジット契約がどのくらいできるかはクレジットカードの条件に含まれており、返済方法もカード発行時に決まっています。
頻繁に買い物をしたり、クレジットカードをよく使う予定の人などにとって、包括クレジットはとても便利です。
3万円や5万円の買い物を頻繁にする人にとっては、とても使いやすいものです。
個別クレジット契約とは、ある品物をかう時に、その都度審査を受けてクレジット契約を結ぶというクレジット商品です。
それぞれの決済ごとに手続きをするもので、その都度契する金融会社も違うものになるようです。
個別クレジットの場合、包括クレジットより申し込み時の煩雑さは多くなりますが、そのぶん、気軽にクレジットを利用しすぎるということは起こりません。
バイクや車、宝石など一回当たりの決済金額が高いものには、個別クレジットがつきものです。

クレジット契約と支払い方法

クレジット契約の支払い方法にはいくつかあります。
クレジット契約の方法について調べてみました。
リボルビング払い、一括払い、分割払いといった返済方法が、クレジット契約にはあります。
一括払いは、次回支払い時に全額支払ってしまうというものです。
何回も分けて支払うのが大変だという人や、今だけお金がないという人には使いやすい仕組みです。
一回では全額支払わず、数度に分けてクレジットの全額を支払うことを分割払いといいます。
何回で全額返すのか、いつ返すのかは、最初の時点でお互い取りきめます。
毎月の支払い金額がはっきりしているので、余裕がある時にはつい使いすぎてしまうと言う事もありますので注意が必要です。
分割払いに近い返済方法に、リボ払いがあります。
数回に分けて返済していきますが、毎月幾らまでの返済という金額が決まっています。
トータルでどのくらい支払い、完済がいつかが把握しづらくなるようです。
多くの場合、リボ払いは金利が高くなっています。
クレジット契約でリボ払いを使う時は、金利が何%かをよくチェックしておく必要があります。
利息を少なく抑えたいならば、リボ払いはできるだけ使わないようにしたほうがいいでしょう。
確実に完済するためにも、クレジット契約を使った決済をする場合には、どの返済手段を選択するかを考慮することが大事です。

公共料金のクレジットカード払い

公共料金の支払いをクレジットカードですることは、過去にはできなかったことです。
国や自治体がクレジットカード会社の利益を上げることにつながることや、クレジットカードの手数料の問題などが心配されていたことが原因です。
クレジットカードで公共料金払いができる自治体が近頃増えているのは、支払う人が便利になることや、回収率を上げるためだといいます。
支払い可能な分野は、各自治体によって異なりますが、電気、ガス、水道、固定電話、放送料金などがあります。
新聞購読料、インターネットプロバイダ料金などもクレジットカードで支払うことが可能です。
クレジットカードで公共料金を払うことで払い込みの手間が省けますし、払い忘れの心配もなくなります。
プラスになるのは、クレジットカードのポイントを公共料金の支払いで増やすことができるということです。
毎月公共料金は絶対に支払うものだといえます。
少しずつポイントを貯めることが、特にクレジットカードを利用して決済をしていなくても可能となります。
クレジットカードの明細が公共料金の支払い履歴になるのも管理の面では嬉しいところです。
クレジットカードに入会する時に公共料金の支払い手続きができる会社が増えています。
最近ではインターネット上の操作でクレジットカードの公共料金の支払い設定も可能です。

クレジットカードの支払い方法

1回で支払うか、分割して支払うかの方法が、クレジットカードの支払い方法は大別するとあるようです。
翌月あるいは翌々月に一回で全額支払うというものが、一回で支払う方法でマンスリークリアとも呼ばれています。
一括払いでクレジットカードを支払うと割賦販売法が金利がかかりませんが、当てはまりません。
カード会社との間に問題が起きた時に返済を途中でストップするという、抗弁権が使えません。
分割払いは、クレジットカードの支払いを複数回に分けて払うことです。
2回払いやボーナス払いは分割払いには含まれません。
金利に基づく手数料がかかりますが、1ヶ月当たりの返済負担を減らすことができます。
分割払いは月ごとの支払いが重なると返済額が大きくなることがあります。
対応する方法として、リボルビング払いというクレジットカードの返済方法がおすすめです。
どれだけショッピングをしても、月々の請求額は、限度額内までなら、一定の金額より上にはならない方法です。
返済がいつまでも終わらないという状態に、借入額が増えることで陥ります。
クレジットカード会社によっては、残高スライド式のリボルビング払いとし、返済残高に応じて月々の返済額が段階的に上がるものもあります。
月々の返済負担は軽くなりますが、知らず知らずのうちにクレジットカードを使いすぎてしまうことがあります。
クレジットカード利用額をどれくらい支払うか把握した上で使うようにしたいものです。


先頭へ
Copyright (C) 2018 そもそもクレジットカードってどんなもの?身につけておくべき知識 All Rights Reserved.