そもそもクレジットカードってどんなもの?身につけておくべき知識

クレジットカードクレジットカード

最近噂のクレジットカードのことを配信しています。クレジットカードを学びたい方へ、簡単なことを配信するウェブサイトです。

クレジットカードでコンビニ商品の代金支払いをする利点と注意点

クレジットカード

最近は、コンビニでもクレジットカードを使った買い物に対応するようになってきています。
コンビニで、2万円以下の買い物をする時には、サインがなくてもカード決済ができるようになっています。
クレジットカードが一枚あれば、手持ちの現金がなくても買い物を楽しむことができますので、とても重宝します。
小銭を出す手間を考えるとカード払いにしたほうが便利で済むということもあり、支払いが終わる前に商品を手渡してくれる店もあります。
ポイントサービスが付帯しているクレジットカードもあります。
コンビニは様々なポイントサービスに加入していることが多く、その系列店ではポイントカードとの併用もできます。
クレジットカードを使うことで割引サービスが得られるところもあり、現金払にはないサービスも整っています。
クレジットカード払いに対応していないものとして、切手、印紙といった有価証券があります。
クレジットカードを使った買い物は、最近では一般的になっていますが、使う時には気をつけておきたいことがあります。
かつて、コンビニでクレジットカードを使った時に、カード番号がレジでコピーされて、不正使用をされてしまう出来事が発生しています。
支払いの時には、並んでいる商品などを眺めたりしがちですが、カードを渡された店員を見ておくことも大事です。
クレジットカードの裏面のセキュリティコードを隠すなどの自己防衛策を講じることも重要になります。

コンビニでのクレジット手数料とカード決済の使い易さについて

クレジットカード

近年では、クレジットカードを使う局面が広がりを見せており、コンビニの買い物でもカード払いができるようになりました。
コンビニでよく買い物をする人であれば、支払いをクレジットカードにすれば、利便さに驚くかも知れません。
クレジットカード決済でコンビニで商品を購入しても、カード精算時に手数料が上乗せされることはほぼありません。
カード払いに手数料が発生するのは分割払いの時ですが、コンビニでの買い物は一回一回の金額が少ないので、分割にする必要がありません。
一括で返済ができているうちは手数料がつきませんので、コンビニでクレジットカードを使っても、手数料は0円ということになるわけです。
一方、コンビニ側はクレジット会社への手数料を支払っていますが、この額が商品価格に上乗せされる事はありません。
現金で品物を買う場合と、クレジットカードで品物を買う場合で、コンビニの場合は差がつきませんので、支払金額は同じになります。
現金払いでは無く、クレジットカード決済を選んだ場合には、ポイント還元等の特典が僅かづつながらもあるので、メリットがあります。
現金払いと、クレジットカード払いの差がないなら、ポイントがつくクレジットカードを使いたくなるものです。
レジで小銭のやり取りをするよりも、クレジットカード決済の手続きをしたほうが、コンビニ側も短時間で済ませられます。
ポイントが入り、買い物の手間もかからないわけですから、クレジットカード決済は嬉しいことばかりです。
クレジットカード決済による利便性を享受する為にも、コンビニでは積極的に活用したいものです。

コンビニでの決済方法でクレジットカードを選ぶ

コンビニは、24時間いつでも営業しているので、生活には欠かせないものとなっています。
気づけば、コンビニ日参して、何かしら買っているという人も意外と多いようです。
コンビニには、雑誌や雑貨、お弁当や、食品など、生活に便利なものが揃っています。
そんなコンビニでの支払い方法で、現金払いをする人は多いですが、クレジットカードを利用する人も増えています。
クレジットカードで支払うと手続きが簡単であるだけでなく、ポイントが付いてお得になることもあります。
暗証番号を入力する手間もかからないので、コンビニでクレジットカード決済をする手続きは、非常にスピーディです。
レジで店員に支払い方法でクレジットカードで決済すると伝えるだけなので、大変簡単です。
コンビニの決済をクレジットカードで行う時の魅力に、小銭のやり取りをする手間がかからなくなるということがあります。
コンビニでは少額の買い物をすることが多いので、小銭で財布がじゃらじゃらになることがあります。
小銭によって、財布が膨らみすぎて壊れたり、ポケットに入れて持ち運ぶときに重いと感じることもあります。
クレジットカードであれば、お金の持ち合わせを心配する必要も、お釣りもありません。
コンビニの買い物は、1度の買い物の額が小さくでも、頻繁に使えばかなりの金額になりますので、結果的にポイントも入ります。

学生の場合のクレジットカードの審査について

金融機関によっては学生を対象としたクレジットカードを取り扱っていますが、審査では何を調べるものなのでしょう。
基本的に、社会人がクレジットカードの手続きをした場合、今の会社に何年勤めていて、毎月の給料はいくらかを審査します。
審査で相手の収入や、過去の延滞履歴、他のキャッシング会社からの借り入れ状況を確認するのは、貸し倒れリスクを減らすための当然の対策です。
学生の場合には、社会人では無いので、アルバイトでの収入額や何年生なのか、留年していないどうか等について審査するのでしょうか。
クレジットカードの申し込みを学生がした場合は、社会人の審査とは差があります。
学生の場合、本人のバイトでの収入額や留年の有無などは全く関係ありません。
クレジットカードを学生に発行する時は、親の返済能力を審査することになりますが、審査自体はごく楽なものになります。
1カ月の利用上限が10万円〜20万円くらいになっていますので、普通のクレジットカードほど、審査をぎちぎちにする必要はありません。
金融会社は、学生のうちからクレジットカードを使ってもらいたいと考えています。
学生のクレジットカード利用者は、学校を卒業して就職して社会人になった時に自社の優良顧客になってくれる可能性が高いわけです。
働き初めてから、学生時代に利用していたクレジットカードと違うカードを主に使うようになるという人はわずかです。
その意味では、多少審査の条件を低くしても、早いうちから顧客として囲い込みたいというカード会社の考え方があると言えるでしょう。

学生がクレジットカードを作るために必要な年収は

アルバイトをしていない学生がクレジットカードをつくりたい場合、審査ではどう評価されるものなのでしょう。
クレジットカードの審査では、月々の安定した収入は必須という印象がありますが、学生に対してはその限りではありません。
アルバイト等をしていない無収入の学生でも、クレジットカードは使えます。
法律では、お金を借りる時には年収の1/3が上限になると設定されているため、学生は消費者金融会社の利用は断られてしまいます。
クレジットカードのショッピング枠については、貸金業法は適用されませんので、無職で収入が無い人でもカードを作ることはできます。
これが社会人なら、仕事をしていないことは審査では引っかかりやすいですが、学生は本来勉強をするための身分ですから、学生用クレジットカードに収入は問われません。
学生の場合、クレジットカードを発行する時に必要なものとしては、親からの同意文書になります。
クレジットカードを発行してもらう時に心がけたいポイントとして、ショッピング枠はともかく、キャッシング枠は貸金業法が適用されるため、収入がない学生は利用できないということです。
従って、クレジットカードのキャッシング枠の希望金額を0円にしておくことが、自分の収入がない学生が申し込みをする時には大事です。
クレジットカードの審査では、キャッシングの希望を出していると、断られることがあります。
無職もしくは年収が低い学生でも、クレジットカードを作ることは可能ですが、ショッピング枠のみのカードを作ることが重要になります。
継続的にアルバイトをしていて、年収が多い学生であれば、キャッシング枠の大きいクレジットカードもつくれるでしょう。

学生で利用できるクレジットカードの比較

使いやすいクレジットカードであることが、学生がカードを使う時には大事です。
多くのクレジットカード会社は、一般のクレジットカードだけでなく、学生でも使えるクレジットカードをつくっています。
もしも学生のうちからクレジットカードを持ちたいと思ったなら、サービスを提供している金融会社は多いので、手軽に申し込むことができます。
各クレジットカード会社によって、サービス内容には違いがありますので、あらかじめ比較して、使いやすいものを選択することが大事です。
数あるクレジットカードの中から、自分にとって使い勝手がよさそうなものをピックアップし、比較してみましょう。
学生用のクレジットカードは、普通のクレジットカードよりも、カードを使って利用できるサービスの内容が狭まっているものです。
お金を貸す時に守らなければらない法律がありますが、この法律によって、学生のクレジットカード利用は制限がついています。
お金を借りたい人のためのキャッシング枠と、カードを使った買い物をしたい時のショッピング枠の二種類があります。
ショッピング枠は法律での制約はありませんが、キャッシング枠は総量規制の対象になるので、年収の1/3以上の借り入れは認められません。
クレジットカード会社によっては、キャッシングサービスが受けられやすいように、あえて金利設定を低くしているところがあります。
クレジットカードを学生が使う場合、融資を受けるためにキャッシング枠を使っても、最大額で20万円まどとなっているのです。
低金利で融資が受けられたほうが、返済時の負担は軽くなります。
クレジットカード選びをする時には、そういったポイントも調べておくことです。


先頭へ
Copyright (C) 2018 そもそもクレジットカードってどんなもの?身につけておくべき知識 All Rights Reserved.