そもそもクレジットカードってどんなもの?身につけておくべき知識

クレジットカードクレジットカード

クレジットカードのことを詳しく知っていますか?このHPではクレジットカードのことを一杯紹介するので、皆さんの未知の知識が見付かるかもしれません。

クレジットの返済方法

クレジットカード

クレジットカードやローンは、不測の事態に陥った時などに金銭的なサポートが受けられます。
どんな返済方法があるでしょう。
ひとつは一括返済です。
クレジットカードで使った分を次の月に1〜2回で返済する方法です。
負担感は大きいですが、手数料がかからないのでクレジットカードを利用している人の多くがこの方法で返済しています。
分割返済という方法もあります。
大きな買い物をしたときなどに、この返済方法は便利です。
リボルビング返済という方法もあります。
クレジットやカードローンなどに使われている返済方法です。
リボルビング払いのいいところは、決まった金額以上の返済金は翌日以降に繰りこされることです。
全額返し終わるまでの時間が長くなりがちなことや、ついクレジットカードを利用しすぎてしまうことなどがあるようです。
返済方法の中のリボルビング払いにも、いくつか種類があります。
定額リボルビング、残高スライドリボルビング、定率リボルビングなどがありそれぞれ特徴が違います。
どの返済方法がいいかは借り入れ頻度や経済余力によって異なるものです。
それぞれの返済方法の特徴をよくつかみましょう。
クレジットの使い方や、どんな返済の仕方が自分に合っているかを考えて、返済方法を選択するようにしてください。

クレジットをリボ払いで返済する方法

クレジットカード

すぐに欲しいものがある時などにクレジットカードを使う人が増加しています。
クレジットカードには幾通りかの返済手段があります。
よく利用されている返済方法は、手数料無料の1回払いかボーナス払いがほとんどですが、最近はリボルビング専用カードを利用する人が増加しているといいます。
クレジットカードの返済方法であるリボルビング払いには手数料がかかります。
あらかじめ毎月の返済額が決めておき、利用額に応じて返済回数が決まります。
カード会社があらかじめ決めた枠の中では何回でも利用することが可能です。
一口にリボルビング払いといっても、バリエーションは複数あります。
基本的な支払い方法は、月々の支払い額が決まっている定額リボルビング方式です。
段階的に金額が決まっているものは残高スライドリボルビング方式、比率が決まっているものが定率リボルビング方式です。
定額リボルビング方式という返済方法は、毎月の返済額は一定で手数料を返済額の中に含むものと、手数料を上乗せするものがあります。
定率リボルビングは毎月の返済額をクレジットの借入残高あるいは借入残高プラス利息に一定の率をかけて算出する返済方法です。
定額リボルビングに比べると返済総額が多くなる残高スライドリボルビングは、借入残高に応じて返済額が段階的にスライドするものです。
気がつかないうちにクレジットの借り入れが高額になったということが防げる返済方法です。
クレジットカードを利用する時には、幾つかの返済方法をチェックして、どのやり方が返済しやすいかを検討しましょう。

クレジットの分割払いでの返済方法

どんな返済方法を選択するかは、クレジットカードを使う時に重要です。
1回払いやボーナス払いの他によく利用されているのが分割払いという返済方法です。
リボルビング払いは使いすぎにつながるので分割払いを利用しようという人も多いといいます。
確かに分割払いはクレジットカードを使うたびに返済金額や回数が決まるので、繰り返しショッピングに利用すると1回あたりの返済額がどんどん上乗せされていきます。
結果として返済が厳しくなり自然にクレジットカードの利用をやめることになります。
一方、リボルビング払いは何度買い物をしても1カ月当たりの返済金額に上限が設けられているため、安心してカードを使ってしまいます。
分割払いと一括払いの返済金額を比べると、借入額が同じでも、分割払いの方が利息分は返済金額が多くなってしまいます。
分割払いという返済方法の手数料計算はアドオン方式をいうものをよく使うようです。
アドオン方式とははじめのクレジットでの借入金は減少しないものとして計算するものです。
アドオン率を実質年率に計算しなおすと驚くほどの高金利になる場合があるので注意が必要です。
クレジットカードは非常に便利なものですが、手数料が高いことを肝に銘じておかなければなりません。
個々人の懐事情によって使いやすい返済方法は違うかもしれませんが、クレジットカードの返済には、できるだけ手数料のかからない方法がいいでしょう。

クレジットカードの審査に通るために工夫すべき方法

クレジットカードの審査においては、個人の多くの情報を元にして、申込み時に行われています。
どうすれば審査を突破できるかですが、金融機関ごとに審査の基準が違うので、決まった方法はありません。
しかし、クレジットカードの審査に通りやすいように工夫をすることは可能です。
もしもクレジットカードの審査を受けるならば、提出書類に不備がないように心がけ、書き込みもしっかりするようにしてください。
申し込み者についてしっかりと審査をするためには、提出書類に記載されている情報量が豊富であることがポイントです。
クレジットカードの申込み時に記入する各情報の数値については、ある程度はプラスして記入するのもひとつの方法です。
あまりにも現実とかけ離れた数値を記入することは出来ませんが、収入などは年によって多少は上下するものです。
今の会社に勤めて5年と書きつつ、実際は5年弱だったり、年収300万円と書きつつ、実際は300万円弱だったというものです。
その結果として、クレジットカードの審査に通りやすい状況を生み出すことが可能となります。
クレジットカードの審査を受ける時には、後々でトラブルにならない範囲でなら、有利な書き方をするのも悪くないでしょう。
ただし、クレジットカードの審査でOKを得るためには、事実と大きく食い違うようなことは避けましょう。
クレジットカード会社選びでは、銀行系ではあれば給与引き落としなどを利用している金融機関を選ぶと審査に通りやすくなってきます。

クレジットカードの審査の基準について

クレジットカードは、正社員として働いている人だけでなく、アルバイトやパートの人でも審査に通ると言われています。
ただし、クレジットカードの審査を受けたところ、れっきとした正社員なのに審査をパスできなかったという人もいます。
クレジットカードは、ノーマル、クラシック、ゴールド、プラチナの順に審査が難しくなっていきます。
ノーマルやクラシックのクレジットカードならば、アルバイトやパートの人でも一定の収入があれば審査には通ります。
では、正社員として仕事をしているのに、クレジットカードの審査で断られたという人は、一体どういう人なのでしょう。
収入面では問題がないけれど、クレジットカードの審査に通らなかったという人は、個人信用情報に要因があったという可能性があります。
過去にクレジットカードやローンの返済で延滞を繰り返したことのある人は、クレジットカードの審査時には評価が悪くなります。
クレジットカードを新しく発行できる要件として、昔、借りたお金を返せずに破産手続き等をしたことがないことがあります。
いくら安定した収入があっても、そのような人は、金融機関にとってはお金を貸すかどうかの判断をする余地が無いのです。
金融機関からすれば、約束された期日に支払ってくれない人や、借金を踏み倒そうと考えている人はある意味で無職の人よりもやっかいです。
人としての信用があるほうが、金銭的な信用があるよりも、大事なことと見なされます。
ただし、個人信用情報は過去のクレジットカード利用履歴を永続的に記録しているわけではありませんので、しばらく時間がたてば、クレジットカードの審査に通ることが可能です。

クレジットカードの審査に落ちる理由とは

クレジットカードの手続きをしたところ、審査の段階で断られるという可能性も存在します。
氏名、生年月日、住所、勤務先の名前など、クレジットカードの申込用紙の書き漏らしや、書き間違いはないようにしましょう。
クレジットカードで審査を受ける時には、年収がどの程度なのかは欠かせない部分なので、勤めている会社名が大事です。
審査を無事に通るために大事なことは、審査中の在籍確認で、勤務先の企業の実在や、社員である確認ができることです。
在籍確認の手段として、クレジットカード会社は、直接その会社に電話をかけて、申し込み者と同名の社員がいることを確認します。
もし勤務先で実際に勤めているという在籍確認が取れない場合は、その時点でクレジットカードの審査に落ちることになるわけです。
もしも、その会社で働いていないとなれば、申し込みショの申告どおりの収入があるという保証ができません。
申し込み書類に書いたほどの収入がないという問題はさることながら、事実と異なる内容で申し込みをすると、よくないことだと判断されます。
申し込み用の書類を作成する時には、ウソを書いてはいけないことは、クレジットカードでなくても言えることです。
金融会社の視点からすれば、別の金融機関からたくさん融資を受けている人や、借りたお金の返済を遅らせているという人は、クレジットカードは持たないようがいい゛てしょう。
金融会社は、申し込み者一人一人の信用情報や、過去に問題を起こしていないかを探り、いくらなら貸しても大丈夫かを推測します。
ほかの金融会社からの借り入れが多額にある場合は、返済能力が少ないと判断されて、審査に落ちることになるのです。


先頭へ
Copyright (C) 2018 そもそもクレジットカードってどんなもの?身につけておくべき知識 All Rights Reserved.