そもそもクレジットカードってどんなもの?身につけておくべき知識

クレジットカードクレジットカード

今更聞けないクレジットカードについての知識を解説するHPです。このホームページを活用してクレジットカードのことに詳しくなりましょう。

税金をクレジットカードで納めるメリット

クレジットカード

この頃、クレジットカードで税金などの支払いが可能な自治体が増加しています。
税金をクレジットカード払いにするとどのようなメリットがあるのでしょうか。
銀行窓口まで行かずとも税金の支払いができるということは、大きな魅力です。
いちいち銀行まで行かなくても税金の手続きができるので、忙しい人でもしっかり納税ができます。
税金を入れ忘れて、期日を過ぎてしまうということもなくなります。
クレジットカードの清算日は決まっており、支払いをしたその日にお金が引き落とされるわけではないので、口座残高が少なくても税金の支払いをすることができます。
今は通帳に残金が乏しいという場合でも、クレジットカードを使えばうまく融通することができるでしょう。
クレジットカードを使って5月に自動車税の支払いを済ませた場合でも、カードからの清算は6、7月に先送りすることができます。
処理日は納税日になるので延滞料はかかりません。
リボ払いでクレジットカードを利用しているという人は、カードの支払いが急激に変動するという心配もありません。
ポイント特典があるクレジットカードを使っている場合、カード払いにした金額に対応した一定のポイントがつくという利点があります。
年間にすると税金はかなりの金額になるのでポイントがたくさんたまるでしょう。
クレジットカードの利用額は毎月送られてくるので家計簿チェックにも便利です。
クレジットカード払いで税金を納付するという方法は利点が多いので、積極的に行いたいものでしょう。

税金のクレジットカード払いの注意点

クレジットカード

近年、クレジットカード払いで税金が支払える地域が多くなっています。
どうせ支払う税金であれば1%でも還元してもらいたいものです。
税金をクレジットカードで支払う時に、気をつけなければいけないことは何でしょう。
自治体によっては、現段階ではまだクレジットカードでの税金納付ができないことがあります。
たとえクレジットカード払いを扱っていても決済時に手数料が必要なことです。
どのくらいの税金を納めるかで、例えば315円の手数料を還元できるポイントが入らないという場合があります。
仮に自動車税を39,500円支払うという場合、0.5%のポイント還元率なら197ポイントですし、1%なら395ポイントになります。
315円の手数料を支払うとなると支払う金額にもよりますが1%還元であってもあまり得をするという感じはしません。
ただし、クレジットカードからの支払いはネットからできる場合もあるので、便利さという点では嬉しい存在ではあります。
万が一にもクレジットカードをなくしてしまった場合に困るというのが、クレジットカードの孕む欠点です。
すぐにクレジットカードの機能をストップさせなければならず、税金の支払いに関しても手続きを変更しなければなりませんので要注意です。
クレジットカードで税金を入れる時には何が便利で、どんなリスクがあるのかをしっかり認識することが重要でしょう。

税金をクレジットカードで支払う方法

クレジットカードで税金を払うにはどうすればいいでしょう。
税金や公共料金の支払いを現金や口座振替で行っている人も多いようです。
クレジットカードとnanacoカードの組み合わせで支払うとかなりお得だということをご存じでしょうか。
税金の払い込み証のうち、バーコードのついたコンビニ払い対応票なら、nanacoカードを使って払うことが可能です。
税金をnanacoカードで払う時に注意することは、現金をnanacoカードにチャージして払ってもポイントにならないことです。
クレジットカード払いで得をするためにはクレジットカードからnanacoカードにチャージをするのがおすすめです。
nanacoカードにチャージをするとポイントが入るタイプのクレジットカードを使って、ポイントを貯めるというのが大まかな方法です。
具体的にはまず、セブンイレブンで所定の手続きをすることで、nanacoカードを手に入れてください。
おサイフケータイを持っている人はnanacoモバイルを登録すればOKです。
ただし、nanacoカードにチャージが可能なクレジットカードの全てが、ポイントが入るという形にはなっていません。
下調べが肝心です。
また、nanacoカードにクレジットカードでチャージをする時は、そのための届け出などをしなければならないといいます。
1回のチャージ金額には限度額もあります。
固定資産などの大きな金額の税金は1回払いでは支払いきれない場合がありますので、1期ごとに4回に分けて支払うなどの工夫が必要です。
nanacoカードへクレジットカードでチャージをする時の仕組みを使えば、税金を支払う度にポイントを得ることができます。

クレジットカードの種類について

様々な金融会社が独自のクレジットカードをつくっているため、全体像は計り知れなくなっているようです。
今では一人で何枚ものクレジットカードを持っている人も珍しくなく、所持していない人のほうが珍しいほどです。
複数枚のクレジットカードを所有していながら、有効的に利用できているカードとなるのはごく限られているのが現状です。
私達の買い物を便利にしてくれるクレジットカードは、使い方次第で、便利なだけでなく、お得にもなるものです。
年会費を毎年請求されるクレジットカードと、年会費のいらないクレジットカードで、分けて考えてみましょう。
様々なサービスがついており、ポイントの入りもいいクレジットカードの場合、年会費がいくらか発生するという可能性があるといいます。
年会費のかかるクレジットカードの場合、空港のラウンジが優待で利用できたり、旅行時の損害保険に自動で入っていたりもします。
ポイント還元率が高いクレジットカードを使っていれば、カードを使えば使うほど便利なサービスが利用できます。
クレジットカードの利用頻度が多い人であれば、ポイントバックによって年会費分もペイできるため、非常におすすめです。
保険料金や、水道光熱費をクレジットカード払いにしておくと、普通に生活をしているだけでクレジットカードのポイントが入るという旨味があります。
ポイントの還元率や、割引率はクレジットカードによっても違いますので、得になるように、よく考えて使うと結果的に得になります。
年会費がかからないクレジットカードは、使わずにいても得に何も起きませんが、ポイントの貯まりがゆっくりだったり、使い道が少なかったりします。

クレジットカードのポイント還元について

財布の中にこれ一枚あれば買い物が楽しめるクレジットカードは、今では大勢の人が積極的に使っています。
手持ちのお金がなくてもカードで支払いができることは嬉しいことですが、その他にもクレジットカードには良さがあります。
クレジットカードの中には、カードの利用金額に応じてポイントが入るものがあり、使い方によってはとても便利です。
現金で購入した場合は特に見返りはありませんが、クレジットカードで支払を行うと利用金額に応じたポイントが付与されます。
クレジットカードを使ってポイントをためて、そのポイントを使うことでカタログ商品と交換することができるわけです。
お金を支払って買い物をするより、クレジットカード払いにしたほうが、ポイント分有利になります。
ポイントの付き方や、交換できる景品の内容はクレジットカードによって様々ですので、自分に合うものを選びましょう。
例えば、特定の施設で買い物をした時に限り、ポイントの還元率が高く設定されているようなクレジットカードも存在しています。
デパートで発行しているクレジットカードや、ガソリンスタンドのクレジットカードなとは、自社系列店での利用がお得です。
自身のライフスタイルに合ったクレジットカードを選ぶことで、より効果的にポイントを貯めることが出来るようになります。
ポイント欲しさに、不必要な買い物をする意味はありませんので、無理なく使えるカードを選ぶようにしましょう。
電気代や、電話代など、毎月引かれるお金をカードで支払う形にしておくことで、ポイントが勝手に貯まるというテクニックもあります。


先頭へ
Copyright (C) 2018 そもそもクレジットカードってどんなもの?身につけておくべき知識 All Rights Reserved.