そもそもクレジットカードってどんなもの?身につけておくべき知識

クレジットカードクレジットカード

巷で話題のクレジットカードのことを紹介しています。クレジットカードを知りたい方に、容易な内容から配信しているHPです。

クレジットカードの申込みについて

クレジットカード

クレジットカードはカードごとに特典が異なりますので、いくつかのクレジットカードの申込みをして併用している人もいます。
デパートやスーパー、駅、空港といった人が集まるような場所では、クレジットカードの申込を受け付ける窓口があり、勧誘のセールをしている所をよく見かけます。
インターネットからの申込みもできますし、企画ものが行われている時にクレジットカードの申込み窓口ができていたりもします。
クレジットカードの申込みをすると、クレジットカードが顧客を審査します。
人によっては、せっかくクレジットカードの申込みをしても、審査で断られてしまうということもあります。
使えば使うほどポイントがたまるタイプのクレジットカードや、旅行先での損害保険として利用できるクレジットカードもあります。
サービスの内容が様々ですので、自分にとってはどれが都合がいいかを考えて、クレジットカードの申込みをするという方もいるようです。
海外にいった場合には、クレジットカードを持っていることが信用できる証拠になります。
現地の通貨で支払うより、クレジットカード払いの方が都合がいいという宿泊施設も存在します。
仕事の都合や、プライベートの予定で海外に多く行く人は、クレジットカードが便利です。
キャッシュを持ち歩くリスクが減りますし、クレジットカードを使った様々なサービスを活用することができます。
数枚のクレジットカードを財布に忍ばせておくことで、何かあった時に対応ができます。

クレジットカードの申込みと審査

クレジットカード

クレジットカードを使いたいという時には、クレジットカードの発行会社に申込みをして、カード会社の審査に通る必要があります。
クレジットカードの申込みと審査について調べてみました。
審査を行って、クレジットカードを利用しても返済がきちんとできる人であるかを確認してからでなければ、クレジットカード会社はカードを顧客につくりません。
カードで使った分の支払いができない客がいると、カード会社にとっても損です。
そのため、まずキャッシング履歴と信用調査を行います。
クレジットカードの具体的な審査内容は会社によって違いますが、審査の結果がOKとなればクレジットカードを作ってもらえます。
審査条件を満たせない人も、中にはいます。
場合によっては、申込用紙に正しい情報が書かれていなかったり、空白の項目があったために審査に通らないことがありますので、要チェックです。
調査をする大切な書類に誤字や偽りが多かったり、住所や勤務先などの重要な項目が無記入になっている場合には、信用に値しない人という印象を与えてしまうこともあります。
次々と仕事を変えている人、同じ職場に1年以上勤めたことがないという人も審査は不利です。
長期にわたって仕事を続けられない人だと判断されると、収入が安定していない場合があるという会社がされることがあるといいます。
クレジットカードの審査は、いい結果が出ないということもあります。
もしもクレジットカードの申込み手続きをするのであれば、書類はよく確認して正しく書きましょう。
何がどう判断されているかわからない面もあります。

クレジットカードの申込みと選び方

クレジットカードの申込み時には、どのクレジットカードにするかも大事です。
クレジットカードには銀行系、信販系、デパートやスーパーなどが発行している流通系のカード等があります。
近年では、クレジットカードを扱う会社がますますふえています。
メーカー系のクレジットカードや、交通機関系のクレジットカードなど、それぞれ得意分野があり、使い分けている人もいます。
日々の買い物をデパートでしているという人は、そのデパートのクレジットカードがいいでしょう。
いつも同じ飛行機や電車に乗る人は、その会社のクレジットカードが向いています。
よく利用するサービスに関わるクレジットカードを作っておくことで、お得なサービスや、割引を受けることができます。
カード会社まで出向き、申込み用紙に口座番号や個人情報を書き込むことは気が進まないという人もいます。
クレジットカードには、オンラインで申込めるものも多くあり、自宅で簡単に手続きができるようになっています。
カードを発行しているスーパーやデパートで、そのクレジットカードを使った決済をすると、ポイントがたくさんつくものもあります。
クレジットカードの中にはガソリン会社と提携しているものもあり、ガソリンを買う時に一定の割引をしてもらえることもあります。
クレジットカードを持つ時には、そのカードにどんな特典サービスが付帯されているかを確認して、最大限に利用しなければ、カードの意味がありません。
どこの会社で買い物やサービスの利用をしているかを検討し、クレジットカードの支払いの機会が多そうなところで、カードの申込み手続きをすることです。

クレジットカードの現金化は低金利か

低金利でキャッシングを使いたいという人は多いようです。
クレジットカードをキャッシング目的で使うことは、果たして低金利でしょうか。
クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。
キャッシングの上限金額はそれほど高くないために、利用したいけれど限度額が不足しているという場合があります。
クレジットカードを使いながら、キャッシングをするという手法があります。
大抵のクレジットカード会社は正規の使い方だとは見なしていませんが、クレジットカードの現金化というものです。
クレジットカードの現金化では、カードを使って物を買っていきます。
この時、任意の品物を購入するのではなくて、現金化の会社側の指示に従って物を買います。
自分の口座にはのちのちクレジットカードでショッピングした分の代金が振り込まれます。
クレジットカードで買った分から、手数料分が引かれて、残りが振り込まれます。
買った品物は、現金化を行った会社へといきます。
あとは、クレジットカードで決済した分のお金を返済していけばいいという仕組みです。
すぐにお金が借りられることや、引かれる金額が少ないことから、クレジットカードの現金化は使いやすいサービスだと考える人もいるようです。
お得な低金利サービスだというイメージを持つかもしれませんが、クレジットカードの現金化は低金利とはほど遠いので気をつけましょう。

料金をクレジットカード払いする時のメリットとデメリット

この頃は、買い物の代金をクレジットカードで決済するというスタイルは、ごくありふれた光景になっているようです。
普段から、財布にクレジットカードを入れて行動することは普通のことであり、場面によって違うクレジットカードを使う人もいます。
インターネットでは、クレジットカードを使った支払いしか受け付けないネットショップもあり、カード自体は持っていて当たり前ともいえます。
クレジットカードは、日々の消費行動になくてはならないものになっていますが、クレジットカードは利点もありますが、注意点もあります。
ネット通販などで、クレジットカードを使った支払いを行うような時は、銀行振り込みなどで生じる取引手数料がかからないということもあります。
もしも、手持ちのお金が一銭もなかったとしても、クレジットカードで決済ができれば欲しい物が買えます。
現金を持ち歩くことにはリスクもありますので、お金を持たずに買い物ができることは、クレジットカードの利点です。
ボーナス一括払いや翌月一括払い、2カ月払いなどの支払い方法を利用すれば、クレジットカードで決済をしても、手数料などはつきません。
クレジットカードで支払いをすると、まずカード会社が支払いを行い、翌月以降に利用者に請求がいきますので、その場でお金がなくても構いません。
クレジットカードは第三者に盗まれたり、カード情報を抜かれるなどして、違法に利用されるリスクがあります。
その他、カードを使っておきながら返済ができないと、その後、ローン審査に通りにくくなります。
うっかりしていて、通帳の残高が少なくなっており、返済ができなかったという時でも、返済を滞らせたという記録が信用情報会社のデータに残ってしまい、その後、ローンの審査などでは不利になってしまいます。
クレジットカードは、私達の生活を円滑にしてくれる存在ですが、支払い不能な状態には陥らないように注意をしましょう。

クレジットカード支払い時の特典について

クレジットカードを使った決済は、買い物をスムーズにしてくれるだけでなく、お得な買い物ができることがあります。
クレジットカードを使った支払いをすることで、お金で払うよりも、金額が安くなるということも最近はあります。
カードを使う前に、そのクレジットカードにはどのようなサービスが付帯しているのかを、確認しておきましょう。
支払金額を安く済ませたり、手数料を少なくしたりと、色々なサービスがついているクレジットカードもありますので、確認しておくといいでしょう。
クレジットカードの提携店舗は、カードを使っての買い物を推進していますので、クレジットカード決済は優遇される傾向があります。
クレジットカードを使うと、店舗はそれに伴って発生する手数料をクレジットカード会社に支払うことになりますが、それでも利点のほうが多いようです。
クレジットカードで決済をすると、カード会社が一旦立て替えてくれるので、確実にお金を回収できます。
高い買い物をした時でも、カード会社が一旦支払いを受け持ってくれれば、お金を回収しなければいけない手間がかかりません。
クレジットカードをつくった会員しか入れないような日をもうけるなど、スーパーやデパートもクレジットカードを使う客を優遇する風潮があります。
クレジットカードを使えばお得な買い物がたくさんできるように、口座引き落としや、現金払いよりも、カード払いがお得になるようにしていきます。
クレジットカードを積極的に使いながら買い物を続けることによって、カード利用額に応じたポイントを蓄積することができます。
クレジットカードの利用額に応じて入るポイントは、商品と交換できたり、格安で各種のサービスを利用できるといったメリットがあります。

クレジットカード払いで税金がお得になる

クレジットカードが使えない店はないのではないかというくらい、クレジットカードの使用は一般化していますが、最近は税金の納付も可能になっています。
税金をクレジットカードで支払えば、請求日をちょっとだけ先にできます。
また、税金の支払いでクレジットカードのポイントを蓄積することができます。
税金をクレジットカードで支払えるところは、年々多くなっています。
全部ではないですが、様々な納税がカードで可能です。
自動車税を支払う場合にクレジットカード決済ができる自治体は、最近では、多くなってきているようです。
自治体によってはクレジットカードが使えませんが、そういう時には、コンビニの振込用紙を利用して自動車税の支払いが可能になることもあります。
税金の支払い一つとっても、自分にやりやすい方法でお金が納められます。
とはいえ、かつてと異なり、クレジットカード払いには対応しているけれど、ポイントがたまらないという場合もあるといいます。
カード決済や税金の納付でクレジットカードを使うことはないものの、クレジットカードについているサービスを活かした買い物をする人がいます。
電子マネーをクレジットカードでチャージして、その電子マネーを買い物に使うという二段構えのやり方になります。
直接、クレジットカードで税金を支払うことができずとも、電子マネーはらの支払いならではます。
クレジットカードから電子マネーのチャージをすれば、ポイントは入らずとも、チャージポイントをためることができます。
クレジットカードのポイントサービスを有効活用して、税金の支払いが発生する旅に、こつこつとポイントを溜め続けている人もいます。


先頭へ
Copyright (C) 2018 そもそもクレジットカードってどんなもの?身につけておくべき知識 All Rights Reserved.